伝統芸能のひとつ

沖縄エイサーと呼ばれているのは、一種の伝統芸能になります。

ちょうど沖縄県で言われているところのお盆にあたる時期にご先祖様が現世に戻ってくるという風習があるのですがその霊を送迎するという意味を込めて地元の子どもたちが歌や太鼓に合わせて踊っていき地区の道を練り歩く行事になります。

この行事は日本本州においても有名なものとしてニュースで取り上げられていたり、動画サイトにおいても注目が高いお祭りの一つとして高い評価が上げられています。

たくさんの人々が同じ衣装を身に纏い、リズムに合わせて踊っていく様というものは実際に目にしなくても動画を通じてでも圧倒されるものがあります。

沖縄で言われているところのお盆という時期は7月という暑さが厳しい真っ只中で行事がおこなわれていくのですが、その暑さに負けることもなく激しい踊りや太鼓を叩く姿は練習の積み重ねが感じられる光景になります。

独特の赤い衣装を一度でも目にしたらもう忘れることはできないでしょう。

踊り練り歩く大行列の姿も大変長く、このお盆の時期が近づいてくると地元の若者たちも汗水を流しながら必死になって踊りを覚えたり、太鼓を叩く練習をし続けているとされています。